トラブルを乗り越え、快適なPCを構築する過程を
ブログにて公開。

超PC快適活用法

SponsoredLink
SponsoredLink
まぐまぐ
メルマガ登録・解除
 
D
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | | - | - |
[ HOME > - > 超バックアップ法2 ]

超バックアップ法2

< 超バックアップ法2の記事はココから >
 

普段何気なく使っているインターネット・エクスプローラ(以下IE)

 

のお気に入りですが、いざ失ってしまうと大変困ります。

 

お気に入りのバックアップを行いました。

 

1、IEのメニューからファイルをクリック

 

2、出てきたメニューからインポートおよびエクスポートをクリック

 


3、インポート
/エクスポートウィザードが出るので次へをクリック


 


4、実行する操作を選択してください。はお気に入りのエクスポート

  をクリック

 

5、次へをクリック。

 

6、お気に入りのエクスポート元のフォルダは、何もせず次へをクリック

 


7、ファイルまたはアドレスにエクスポートする。の下に「参照」の

  ボタンがあるのでクリック

 


8、保存する場所は「マイドキュメント」が選ばれているが、このまま保存するとマイドキュメントに保存されてしまい、トラブル時吹っ飛んでしまうこともあるので、▼をクリックし外部メディアに保存します。(私はUSBメモリに保存しました。)


 


9、ファイル名はそのまま「
bookmark」のままでいいと思います。

 

10、保存をクリックしウィザードの完了の完了ボタンをクリックして終了です。

 

11、トラブル時はこれと逆にインポートします。 

< 超バックアップ法2の記事の続きはココから >
< 超バックアップ法2の記事はココまで >
| カテゴリ : - | | comments(30) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > 超バックアップ法 ]

超バックアップ法

< 超バックアップ法の記事はココから >
 今日は前回ある程度作った、辞書登録をバックアップしました。

これを怠るとHDDクラッシュしたりすると、・・・泣きます。

1、IMEツールバーの「ツール」ボタンをクリック

2、表示されたメニューから「辞書ツール」を選択



3、メニューからツールをクリック

4、次に一覧の出力を選択



5、出力先が出てくるので、ファイルの場所でフロッピー等の
  外部メディアを選びます。

6、開くというボタンをクリック



7、終了ボタンをクリック



これで辞書登録したデータは、バックアップされました。

外部メディアに「output1」というファイルができていると思います。

因みに何かトラブル(クラッシュ等)があったときの復元方法は

1、IMEバーの「ツール」をクリック

2、表示されたメニューから「辞書ツール」を選択

3、ツール →テキストファイルからの登録を選択。


 
4、バックアップしておいたファイルを開くことで、
登録しておいた単語が復元されます。
< 超バックアップ法の記事の続きはココから >
< 超バックアップ法の記事はココまで >
| カテゴリ : - | | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > 辞書登録 ]

辞書登録

< 辞書登録の記事はココから >
 使っていた辞書登録が全て消えてしまうとすごく不便なので

辞書を再度作ってみました。

1、まずはメモ帳を起動(スタート→すべてのプログラム→アクセサリー→メモ帳で左クリック)



またはWINキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」でnotepadと入力しOKでも可。



2、辞書登録したい言葉を入力(私はここでthunderbirdを入力しました)

3、次に入力した言葉をマウスでなぞります。(若しくはCtrlキーと
  Aを押しても可)




4、次に選択した所を右クリック(CtrlキーとCを押しても可)

5、次にIMEバー(あとか般とかあるバーです)の1番右のツールを左クリック。

6、出てきたメニューの上から2番目の単語/用例登録を左クリック



7、読みという所に子音を入れます(私はsを入れました)



8、後は変換したい時にsを打って変換すれば、「thunderbird」
  と変換されます。読みにくい名前の方や長い住所とかも一発
  で変換できるので超便利です。
< 辞書登録の記事の続きはココから >
< 辞書登録の記事はココまで >
| カテゴリ : - | | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > 安全な取り外し ]

安全な取り外し

< 安全な取り外しの記事はココから >
 最近はUSBメモリ等を使う機会が増え、起動中はずす場合は
右下のハードウエアの安全な取り外しアイコンを右クリックし
停止ボタンをクリックしていたのですが、

快適PCのため、一手間省いたショートカットを作成して
みました。方法は

1、デスクトップの何も無いところで右クリック。
2、新規作成で、ショートカットを選択。



3、項目の場所という所に下記のアドレスを貼り付けます。
%windir%¥system32¥rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll



4、次へでお好きな名前を入力、私は「取り外し」としました。



5、完了。

試しにUSBメモリを取り付け、デスクトップ上の「取り外し」
をWクリックで停止を選択し終了できました。

本当に一手間選択が減っただけでした(^^;



< 安全な取り外しの記事の続きはココから >
< 安全な取り外しの記事はココまで >
| カテゴリ : - | | comments(8) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > 再起動アイコン ]

再起動アイコン

< 再起動アイコンの記事はココから >
前回作成のシャットダウンアイコンに続いて、
再起動アイコンを作成してみました。

それでは、作ってみます。

1、まずデスクトップ上の何もない所をマウスの右クリックする。
2、現れたメニューから新規作成→ショートカットを選んで今度は左クリック。



3、半角で「shutdown -r -f -t 0」次へをクリック



4、ショートカットの名前何でもいいのですが、私は「ReBoot」と入れました。
5、完了ボタンをクリックして終了。


そして今回もアイコンのデザインを変更します。

1、先程作った「ReBoot」アイコンをマウスの右クリック。
2、出てきたメニューからプロパティを左クリック
3、上のタブが左から2番目ショートカットを選択
4、真中やや下側にアイコンの変更(c)をクリック



5、一覧の中から選びます。因みに私は緑→にしました。
6、選んだら2回OKをクリックして完了です。


< 再起動アイコンの記事の続きはココから >
< 再起動アイコンの記事はココまで >
| カテゴリ : - | | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > アイコン変更 ]

アイコン変更

< アイコン変更の記事はココから >
前回作ったシャットダウンアイコン、そのまま使用してもいいんですが、アイコンが味も素っ気もない白いアイコンなので、変更しました。変更方法は

1、前回作ったShut downアイコンをマウスの右クリック。



2、出てきたメニューからプロパティを左クリック
3、上のタブが左から2番目ショートカットを選択
4、真中やや下側にアイコンの変更(c)をクリック



5、下の図のような警告が出ますが、そのままOKで大丈夫です



6、一覧の中から選びます。因みに私は赤い×にしました。



7、選んだら2回OKをクリックして完了です。

以上で終了ですが、何かの作業中にクリックしないように、右下の隅の方
に移動しました。



< アイコン変更の記事の続きはココから >
< アイコン変更の記事はココまで >
| カテゴリ : - | | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > シャットダウンアイコン ]

シャットダウンアイコン

< シャットダウンアイコンの記事はココから >
今回はシャットダウンアイコンの作成を行います。
このアイコンがあるとクリックするだけでPCを
終了できます。

それでは作ってみます。
1、まずデスクトップ上の何もない所をマウスの右クリックする。
2、現れたメニューから新規作成→ショートカットを選んで今度は左クリック。



3、半角で「shutdown –s –t 01」次へをクリック



4、ショートカットの名前何でもいいのですが、私は「shut down」と入れました。
5、完了ボタンをクリック



6、アイコンが下の図のように変わるはずです。これで終了です。



< シャットダウンアイコンの記事の続きはココから >
< シャットダウンアイコンの記事はココまで >
| カテゴリ : - | | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > システムの復元 ]

システムの復元

< システムの復元の記事はココから >
知っている方も多いと思いますが、今回のテーマはシステムの復元です。
なぁ〜んだシステムの復元かよ。とガッカリされた方もいらっしゃるかも
知れませんが、以外とPCの調子が悪くなってから、復元ポイント探す方
が多いのではないでしょうか?

というわけで、今回はまず復元ポイントを作成する所からです。

これで万が一の時には、今日の状態に戻せる訳です。

1、スタートボタンからすべてのプログラムを選択。
2、プログラム一覧からアクセサリ→システムツール→システムの復元を選んでクリック。



3、右側にコンピュータを以前の状態に復元するというところにチェックが入っていると思いますが、今回は復元ポイントを作成にチェック。
4、右下の次へをクリック。



5、復元ポイントの説明には後で分かり易いように前回の「パフォーマンス優先の設定」と入れ、作成ボタンをクリック



6、これで完了なので閉じるというボタンをクリックして終了です。

これで後々調子が悪い時はこの「パフォーマンス優先の設定」復元ポイントまで戻れば良い訳です。何か設定変更する前に復元ポイントを作っておくと、トラブルがあった時
設定変更前に戻せるので便利です。
< システムの復元の記事の続きはココから >
< システムの復元の記事はココまで >
| カテゴリ : - | | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOME > - > パフォーマンス優先の設定 ]

パフォーマンス優先の設定

< パフォーマンス優先の設定の記事はココから >
今日はXPを快適に使うため、システムのパフォーマンスを
優先する設定にしてみます。最近PCが遅くなったと感じ
られる方には有効かも知れません。

1、まずはスタートボタンを左クリック
2、次にマイコンピュータを今度は右クリックします。(デスクトップにマイコンピュータがある場合はそちらを右クリック)
3、出てきたメニューからプロパティを左クリック



4、詳細タブを左クリック


5、パフォーマンス欄にある設定を左クリック
6、視覚効果タブのパフォーマンスを優先するをチェック


これですべてのデザインやアニメーションの視覚効果が
解除されます。



< パフォーマンス優先の設定の記事の続きはココから >
< パフォーマンス優先の設定の記事はココまで >
| カテゴリ : - | | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOMEデスクトップ画面 > 画面の最適化その2 ]

画面の最適化その2

< 画面の最適化その2の記事はココから >
今回はデスクトップの背景を変更しました。
サクサク爽やかに起動するPCのために
背景やスクリーンセーバーをなしにします。


1、デスクトップの何もない所で右クリック。

2、出てきたメニューから図のようにプロパティを選択し左クリック。






3、画面のプロパティが表示されますので、図のように左から2番目のデスクトップ
  のタブを左クリック。

4、背景の一覧からなしを選択。右側の色は好みに応じて(明るい色は目が疲れます)







*尚デジカメ等でマイピクチャーに保存すると背景の一覧にも載るので、それを背景にすることもできます。



これで背景はなしになりました。起動もサクサク、目も疲れないデスクトップ画面となりました。




< 画面の最適化その2の記事の続きはココから >
< 画面の最適化その2の記事はココまで >
| カテゴリ : デスクトップ画面 | | comments(0) | trackbacks(0) |

180日以内に100ドル以上のためのノウハウを集結!!
DOS/V
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
PC快適活用法,PCトラブル

PC快適活用法,PCトラブル載

1